テクニック

【YouTube】後発の初心者が経験者に勝つ方法【3つあります】


今からYouTubeを始めても遅くないの?

後発の初心者が一発逆転する方法があったら知りたい。


YouTubeには数多くのチャンネルがひしめき合っています。

最近は芸能人の参入も多く「今から初めても遅いんじゃないか?」と思ってしまうかも知れないですね。


結論、十分勝ち目はあります。

あなたが未経験者だろうと初心者だろうと、勝つ方法はあるんです。


本記事では後発の初心者が経験者に勝つ方法について解説。

この記事を読むことで、たとえあなたが0の初心者だったとしても、ライバルに勝つ方法がわかります。


ちなみにこの記事を書いている僕はYouTube歴6年、コンサルタントとしてこれまで600名以上のYouTubeの指導経験があります。

後発の初心者が経験者に勝つ方法


①濃い視聴者を増やす


YouTubeで再生回数を伸ばすためには、どれだけ「濃い視聴者」を増やせるか?が勝負。

濃い視聴者(=熱烈なファン)が多ければ多いほど、動画の「クリック率」「視聴維持率」が上がるからです。


YouTubeは「クリック率」「視聴維持率」が高い動画を「良質な動画」と判断する傾向あり。


良質な動画と判断すると、今度はあなたの動画を「おすすめ動画」「関連動画」として拡散してくれる可能性が上がるんですね。

  • 新規チャンネルほどチャンスあり


既存チャンネルの場合、良くも悪くもいろいろな視聴者層が混ざっています。

残念ながら、動画にさほど興味がない「薄い視聴者」も混じっている可能性も高いんです。


一方、新規チャンネルは0からのスタートなので、初期の段階から濃い視聴者を集めることが可能。


つまりやり方によっては「クリック率」「視聴維持率」を大幅に伸ばせるんです。


濃い視聴者を増やしてクリック率を上げる詳しい方法については、以下の記事を参考にどうぞ。


②他人の動画をモデリングをする


初心者のうちはオリジナルで動画作成をせず、他人の動画のモデリング(真似)しましょう。


YouTubeはジャンルによって、視聴者がすでに見慣れている「作風」があります。

再生回数を伸ばすには、まず作風に寄せて作ったほうが伸びやすいんですね。


ちなみにモデリングする時は、再現率100%を目指しましょう。(もちろん相手の動画の丸々コピーはNGです)


ここでオリジナルを入れてしまうと、伸びづらくなってしまいます。


モデリングの詳しいやり方について知りたい方は、以下の記事を参考にどうぞ。

③作業量を増やす


もしライバルが週1ペースで動画投稿していたら、こっちは週2回、3回と投稿するのもあり。


単純計算、ライバルより手を動かせば、早くライバルに追いつけますよね?

ただし動画の「量」を作るときは、「質」が担保できる範囲というのをお忘れなく。


動画の量が増えても、質が低下してしまったら、動画は伸びないからです。


ちなみに動画の「おすすめの投稿頻度」について知りたい方は、以下の記事を参考にどうぞ。

2.まとめ


今回後発の初心者が経験者に勝つための3つの方法について書きました。
内容をもう一度おさらいしましょう。

  • 濃い視聴者を増やす
  • 他人の動画をモデリングをする
  • 作業量を増やす


ちなみにYouTubeはスタートダッシュが肝心。

最初に正しい方向性で動画投稿できるか?によって、その後のチャンネルの伸びも大きく変わるからです。


正しい方向性は、僕のセミナーに参加すればほぼ理解できるので、短時間でYouTubeマスターになりたい方はぜひ参加してみてください→セミナーはこちら

-テクニック
-, , ,