テクニック

YouTubeのトークに磨きをかける方法【経験不要】


 YouTubeのトークに磨きをかけたい方へ。

動画で上手くしゃべれるようになりたい。

視聴者をひきつけるトークの方法は?


結論、YouTubeではある程度トーク力が求められます。トークの良し悪しが再生回数に影響するからです。


本記事では、 YouTubeのトークに磨きをかける方法について解説。

この記事を読むと、あなたのトーク力を上達させるきっかけがつかめます。


ちなみにこの記事を書いている僕はYouTube歴6年、かつコンサルタントとして、これまで600人以上のYouTube指導経験があります。

YouTubeのトークに磨きをかける方法


トークは慣れです


結論、トークは慣れです。数をこなせば誰でも上手くなります。


僕も色々な人を見てきましたが、場数を踏むうちに上手くしゃべれるようになった人を何人も見てきました。


つまり自転車を乗るのと同じ。とにかく数をこなしましょう。

台本を作る


撮影する前に「何をしゃべるのか?」あらかじめ台本を作っておきましょう。


慣れないうちは、上手く言葉が出てこなかったり論理展開が間違っていたりするもの


台本と言っても大げさなものではなく、メモやエクセルに書き起こす程度でOKですよ。

トークは熱量とテンポが大事


トークで重要なのは熱量とテンポ。車の両輪のようなもので、どちらが欠けてもNGです。


具体的には、熱量で視聴者の心をひきつけ、テンポで心地良いリズムを刻むのがGOODですね。


いくら動画の内容が良くても、熱量とテンポが悪いと視聴者はすぐ離脱してしまいます。

余計な部分は動画編集でカット


撮影中に上手くしゃべれなくても安心してください。

「あー」「えー」とか、「謎の間」があってもOK。


ぜんぶ動画編集でカットできるからです。


とりあえず最後まで撮影を続けて、最後に動画編集でカットしましょう。


おすすめの動画編集ソフトについて知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

YouTubeはカメラ目線が基本


YouTubeはカメラ目線が基本。視聴者に語りかけるようにしゃべりましょう。

自然体で振る舞うのを求められるTVと違い、YouTubeでは視聴者と1対1の関係性が重要。目線を外されると視聴者は心理的に裏切られた気持ちになってしまいます。

まとめ


今回YouTubeのトークに磨きをかける方法について解説しました。ポイントは以下の5つでしたね。

  • トークは慣れ
  • 台本を作る
  • 熱量とテンポを意識
  • 余計な部分は動画編集でカット
  • カメラ目線が基本


トークに磨きをかける方法がわかったら、次に濃いファンを増やして再生回数を伸ばす方法もチェックしておきましょう。

詳しくは以下の記事を参考にどうぞ。

-テクニック
-, , ,