テクニック

YouTubeの初心者が目標にしたほうがいいチャンネル登録者数は何人?


YouTubeの初心者が目標にすべきチャンネル登録者数があったら知りたい。

そもそもチャンネル登録者ってどうしたら増やせるの?


YouTubeのチャンネル登録者は、人気と実績のバロメーターです。

人気YouTuberともなると、登録者1000万人越えのチャンネルも。(日本国内の場合)


ではYouTubeを始めたばかりの初心者は、どのくらいのチャンネル登録者数を目指せばいいのか?


本記事ではYouTube初心者が目標にしたほうがいいチャンネル登録者数について解説。

この記事を読むと、目標を立てながら、チャンネル登録者数アップに向けて具体的な行動が移せるようになります。


ちなみにこの記事を書いている僕はYouTube歴6年、コンサルタントとしてこれまで600名以上のYouTubeの指導経験があります。

YouTube初心者が目標にすべきチャンネル登録者数は?


答え:どれくらいの収益を得たいか?によります


初心者が目標にしたほうがいいチャンネル登録者数は人ぞれぞれです。

人によって「どれくらい稼ぎたいか?」が違うからです。

月5万円稼げれば十分という人もいれば、月50万円以上欲しい人もいるはず。


なので目標は報酬から逆算しましょう。


ひとつの目安ですが、YouTubeで得られる月の報酬(広告収入)は「チャンネル登録者数×10倍」と言われています。


例えば、チャンネル登録者1万人だったら月10万円10万人だったら月100万円が報酬の目安ですね。(ただし報酬はチャンネルによって本当に異なります。あくまで目安として考えてください)


さぁ目標は決まりましたか?

あとはチャンネル登録者数の増やし方ですよね?

チャンネル登録者数の増やし方


とにかく再生回数を伸ばす


チャンネル登録者数は基本、再生回数に比例して増えます。


動画を再生した視聴者のうち、一定数はチャンネル登録してくれるからです。


ではどうすれば再生回数が伸ばせるのか?

最初のうちは同じジャンルの人気チャンネルの動画をモデリング(真似)して動画を作りましょう。


YouTubeではジャンルによって、すでに視聴者が見慣れている「作風」があるので、この作風に寄せて動画を作ったほうが伸びやすいんです。


さらにモデリングを繰り返すと、人気チャンネルの動画の作り方も学べるので一石二鳥。

ただしモデリングする時は、相手の動画の再現率100%を目指しましょう。(相手の動画の丸々コピーはNGです)


逆に自分のオリジナルを入れると、視聴者にとって違和感に映ってしまう可能性が高いのでおすすめできません。


モデリングの詳しいやり方について知りたい方は、以下の記事を参考にどうぞ。


濃いファンを増やす


次はチャンネル登録者の「質」のお話です。

チャンネル登録者を増やすときは、できるだけ「濃いファン」を獲得するように意識しましょう。

濃いファンとは、あなたの動画を熱烈に支持してくれるチャンネル登録者のこと。


なぜ濃いファンを増やしたほうがいいのか?


濃いファンは、動画の「クリック率」「視聴維持率」ともに高いからです。


例えば、あなたを熱烈に支持するファンは、あなたの動画が他の動画と並んだ時もあなたの動画を優先してクリックしてくれるし、動画も長時間見てくれますよね?


ではなぜ「動画のクリック率」「視聴維持率」が高いと良いのか?


YouTubeが両者の数値が高い動画を「良質な動画」とみなし、多くの視聴者に「おすすめ動画」「関連動画」として優先的に拡散してくれるからなんです。


つまり再生回数の大幅アップにつながるわけですね。


濃いファンを増やす具体的な方法については、以下の記事を参考にどうぞ。


視聴者にうながす


チャンネル登録ボタンを設定すると、チャンネル登録者の間口が増えます。
まだ作っていない方は、この機会に作っておきましょう。


やり方は簡単。以下のようにYouTubeの管理画面であらかじめ作っておいた画像をアップロードするだけです。


あと、視聴者に直接チャンネル登録をうながすのも有効な手ですね。


うながせば意外に動いてくれる視聴者も多いからです。


ちなみにうながすときは、何か「理由づけ」があるとGOOD。
たとえば以下のような感じですね。

ちょっとでも面白いと思ったらぜひチャンネル登録をお願いします」
動画づくりの励みになるのでぜひチャンネル登録をお願いします」

まとめ


今回YouTubeの初心者が目標にすべきチャンネル登録者数、チャンネル登録の増やし方について解説しました。


チャンネル登録者数の目標は報酬から逆算しましょう。あとチャンネル登録者の増やし方は、次の3つでしたね。

  • とにかく再生回数を伸ばす
  • 濃いファンを増やす
  • 視聴者にチャンネル登録をうながす


先もお伝えしたようにチャンネル登録者は人気と実績のバロメーター。数が多いに越したことはないです。


ただし、YouTubeの本質は再生回数というのも覚えておきましょう。


いくらチャンネル登録者が多くても、いま再生回数が伸びていなかったら報酬(広告収入)は増えないからです。


再生回数を効率的に伸ばしたい方は、僕が開催しているセミナーに参加するのも手ですね。


1回飲みに行く程度の金額で参加できるので、興味ある方はぜひ参加してみてください→セミナーはこちら

-テクニック
-, , , ,