知識

【2022年版】YouTubeのアイコン、ヘッダーの変え方とは?

YouTubeのアイコン、ヘッダー画像を変える方法が知りたい。

どういう画像を設定するのがおすすめ?


YouTubeの「アイコン」「ヘッダー」は、お店の看板のようなもの。

選ぶ画像によって、チャンネル全体の再生回数が変わるといっても過言ではないです。


そこで本記事では、YouTubeのアイコン、ヘッダーの変え方について解説。

この記事を読むと、アイコン、ヘッダーを選ぶポイントまで理解できます。


ちなみにこの記事を書いている僕はYouTube歴6年、コンサルタントとしてこれまで600名以上のYouTubeの指導経験があります。

YouTubeのアイコン、ヘッダーの変え方


まず最初にヘッダー右上の「カメラ」マークをクリックしましょう。


  • アイコンの変え方


アイコン横の「変更」をクリックして、画像をアップロードします。

※推奨サイズは「98×98ピクセル以上」「4MB以下」です。


アップロードしたら、サイズを調整して「完了」をクリックします。


アイコンが変更されました。


  • ヘッダーの変え方


ヘッダー横の「変更」をクリックして、画像をアップロードします。

※推奨サイズは「2048×1152ピクセル以上」「6MB以下」です。かなり大きめですね。


ここもサイズを調整して「完了」をクリックします。

パソコンスマホ・テレビによって表示領域が異なるので、上手く調整しましょう。


最後に「公開」をクリックすると、完了です。


全ての変更が完了しました


アイコン、ヘッダーを選ぶポイントは?


答え:チャンネルの世界観に合った画像を選びましょう


なぜチャンネルの世界観に合った画像を選んだ方がいいのか?

その世界観に共感した視聴者がたくさん集まるので、チャンネルが伸びやすいからです。


実はチャンネルを伸ばすには、動画の「クリック率」と「視聴維持率」が大きな鍵を握ります。


そしてYouTubeは、これらの数値が高い動画を「おすすめ動画」「関連動画」として、たくさんの視聴者に拡散する傾向があるからです。


たとえば「筋トレ」の世界観が上手く表現できているチャンネルには、筋トレに興味がある視聴者が集まってくる。


すると自然と、動画のクリック率と視聴維持率も上がるので、結果チャンネルが伸びやすくなるという仕組みですね。


ちなみにチャンネルの世界観についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にどうぞ。


動画を爆伸びさせる方法も知りたい方は、以下の記事もチェックしてみてください。


まとめ


今回YouTubeのアイコン、ヘッダーの変え方、ポイントについて解説しました。内容をもう一度おさらいしましょう。

  • アイコン、ヘッダーはチャンネルの世界観に合った画像を選ぶ。
  • 世界観が上手く表現できると、チャンネル全体の再生回数が伸びやすい。
  • 動画のクリック率と視聴維持率を上げるのがポイント。


以上の内容が理解できたら動画の再生回数を伸ばす方法も一緒にチェックしておきましょう。

詳しくは以下の記事を参考にどうぞ。

-知識
-, , , ,