知識

YouTubeの収益化に失敗する人の特徴【審査に落ちるパターンは?】


なかなか収益化の条件が達成できない。

収益化の条件は達成したけど、YouTubeの審査に通らない。


多くの人が目指しているだろう収益化。

ところが収益化できない多くの人は、収益化できない「あること」をやってしまっているんです。


本記事ではYouTubeの収益化に失敗する人の特徴、審査に落ちるパターンを解説。

この記事を読むと、効率良く収益化を達成する方法がわかります。


ちなみにこの記事を書いている僕はYouTube歴6年、コンサルタントとしてこれまで600名以上の YouTubeの指導経験があります。

YouTubeで収益化に失敗する人の特徴


  • そもそも収益化の条件とは?


まずおさらいから。YouTubeでは以下の条件を達成してはじめて、収益化の「審査」が受けられます。

  • チャンネルの総再生時間:4,000時間(直近1年間)
  • チャンネル登録者数:1,000人以上
  • 18歳以上であること
  • YouTubeの規約を守っていること


「そんなの無理!」と思うかもしれませんが、この条件が突破できないと月3万円の収益を得るのも難しいので、絶対達成するつもりで実践しましょう。

では、収益化に失敗する人の特徴とは?

継続できない


「ちょっと上手く行かなかったから、途中で諦めてしまった・・・」


残念ながらこういうマインドでは、収益化を達成するのは難しいです。

YouTubeだって画面の向こうに「視聴者」というお客さんがいます。


お客さんに良いモノを届けるために、物事を継続するのは他のビジネスと同じ。


「そんなの当たり前じゃないか!」と思うかもですが、実際できていない人のほうが多いです。


ちなみにトップYouTuberのヒカキンも、YouTubeで成果を上げるのに一番大切なのは継続と言っていますよ。


やるなら3ヶ月以上は続けましょう。

間違った方向性でやっている


いくら継続できても、間違った方向で実践してしまうと収益化は難しいです。

どれだけ素晴らしい乗り物に乗っても間違った方向に進んだら、目的地にたどりつけないですよね?


ではどうすれば正しい方向に進めるのか?


僕が開催している期間限定のセミナーに参加すると、正しい方向性が一発で理解できますよ。

収益化の条件を達成しても審査に落ちるパターンとは?


中には収益化の条件を達成しても、YouTubeの「審査」に通らず収益化できない人もいます。

そんなYouTubeの審査に落ちる人のパターンを見ていきましょう。

YouTubeの規約に違反した動画を投稿している


YouTubeの規約に違反する動画を投稿していると、審査に落ちる可能性大です。


まだ読んでいない方は、コミュニティガイドラインをチェックしておきましょう。


あとYouTubeから非公開扱いにされている動画があれば、この機会に削除するのをおすすめします。

チャンネル登録者や再生回数を業者から買う


収益化が目的で業者からチャンネル登録者や再生回数を買う人がいますが、まったくおすすめできません。

YouTubeは投稿者の不自然な動きを、簡単に把握できると言われています。


もし業者から買った行為がYouTubeにバレると、チャンネル停止など今までの努力がぜんぶ水の泡になる可能性あり。絶対止めましょう。


仮に審査に通ったとしても、そもそもあなたの動画に興味がある視聴者が集まっていないので、再生回数は伸びませんよ。

まとめ


今回YouTubeの収益化に失敗する人の特徴、審査に落ちるパターンについて見てきました。内容をもう一度おさらいしましょう。

  • 継続できない
  • 間違った方向で動画投稿している
  • YouTubeの規約に違反した動画を投稿している
  • チャンネル登録者や再生回数を業者から買っている


ちなみにYouTubeを継続する具体的な方法について知りたい方は、以下の記事もチェックしてみてください。

-知識
-, , , ,