知識

【YouTube】ライバルのチャンネルを分析する方法【見るポイントもわかります】


ライバルのチャンネルを分析するとき、どこを重点的に見ればいいの?

効率的にチャンネル分析する方法があったら知りたい


YouTubeの世界も毎日ちょっとずつ変化しています。

変化の波に乗り遅れないためにも、YouTubeでライバルのチャンネル分析は欠かせません。


そこで本記事では、ライバルのチャンネルを分析する方法について解説。

この記事を読むと、上手にチャンネル分析ができるようになります。


ちなみにこの記事を書いている僕はYouTube歴6年、コンサルタントとしてこれまで600名以上のYouTubeの指導経験があります。

なぜライバルのチャンネルを分析したほうがいいの?


答え:時代の波に乗り遅れないため


YouTubeの世界も毎日少しずつ変化しています。目には見えなくても、視聴者の趣味趣向も少しずつ変わっているので。


同じやり方を続けていたら、いつか伸び悩む日がきます。


僕もこれまで変化の波に対応できず、YouTubeから撤退せざるを得なくなったチャンネルをいくつも見てきました。

一方、日頃からライバルのチャンネルを分析しておくと、その変化に早めに気づけます。


動画のネタの新しい切り口だったり見せ方とか、いろいろなヒントが得られるんですね。ではどういう風にライバルチャンネルを分析すればいいのか?

ライバルのチャンネルを分析する方法


まずライバルの再生回数をチェック


  • 直近の再生回数が高いチャンネルを見る


まず直近の再生回数が高いチャンネルを優先的にチェックしましょう。


たとえチャンネル登録者が少なくても、直近の動画の再生回数が高いチャンネルは「分析する価値あり」です。

視聴者の需要をきっちりつかんでいる証拠なので。


逆にチャンネル登録者数が多くても、直近の再生回数が伸びていなかったら要注意。旬を過ぎている可能性ありです。


  • 中でも再生回数が飛び抜けて高い動画をチェック


次にそのライバルのチャンネルの動画を、人気順(再生回数が高い順)に並べてみましょう。


もしその中で飛び抜けて再生回数が高い動画があったら?

そこに視聴者の需要が詰まっている可能性が高いです。


その動画をモデリング(真似)したり、自分の動画に横展開すると、思わぬ再生回数が稼げるかも知れません。


  • ターニングポイントを探す


さらにライバルのチャンネルの動画を、新しい順からさかのぼって見ると、ある動画をさかいに急に再生回数が伸びているポイントが見つかることがあります。


例えば今まで平均再生回数が1000回→2000回に増えるイメージですね。

実はココが、チャンネルのターニングポイントだったりします。


その動画を起点にファンが大幅に増えて、チャンネルが伸びた可能性がありです。


こうしたターニングポイントの要因を分析すると、動画づくりの思わぬヒントが得られるかも知れません。

チャンネル登録者数もチェック


チャンネル登録者数は、これまで積み上げてきたファンの数。


チャンネル登録者が多いチャンネルは、もちろん分析する価値ありです。


ただしチャンネル登録者が多くても、直近の再生回数が伸びているか?も必ずチェックしておきましょう。

タイトル、ハッシュタグ、タグをチェック


タイトル、ハッシュタグ、タグを見ると、ライバルがどういうキーワードで視聴者の流入を狙っているか?わかります。


同じキーワードを使うことで、同じ属性の視聴者の流入が狙える可能性あり。
忘れずにチェックしておきましょう。


ちなみにハッシュタグ、タグの設定のやり方については、以下の記事が参考になります。


チャンネルの概要欄をチェック


チャンネルの概要欄は、実は多くの視聴者に見られています。


本の最後のページにある「著者のプロフィール」のようなもので、概要欄から投稿者のキャラ、人となり、実績などチェックできるからですね。


アピールできる要素があったら、ココに漏らさず書いておききましょう。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-8.png

まとめ


今回ライバルのチャンネルを分析する方法について見てきました。内容をもう一度おさらいしましょう。

  • まずライバルの再生回数をチェック
  • チャンネル登録者数をチェック
  • タイトル、ハッシュタグ、タグをチェック
  • チャンネルの概要欄をチェック


チャンネル分析の方法がわかったら、動画を爆伸びさせる方法もチェックしておきましょう。

詳しくは以下の記事を参考にどうぞ。

-知識
-, , , ,