思考・行動

YouTubeでなぜ毎日投稿は伸びないのか?【理想の投稿頻度わかります】



毎日投稿しているけど、ぜんぜん再生回数が伸びない。

毎日投稿は止めたほうがいいの?

おすすめの投稿頻度ってある?


頑張って毎日投稿しているのにぜんぜん動画が伸びない・・・精神的にこたえますよね?

あなたの大切なリソースを毎日YouTubeに注ぎ込んでいるわけですから。


本記事では、なぜYouTubeで毎日投稿が伸びないのか?について解説。

この記事を読むと、あなたにとって理想的な動画の投稿頻度がわかります。


ちなみにこの記事を書いている僕はYouTube歴6年、コンサルタントとしてこれまで600名以上のYouTubeの指導経験があります。

なぜYouTubeで毎日投稿が伸びないのか?


  • 答え:質が低いからです


ここでいう「質」とは、「動画の良し悪し」ではなく「どれだけ視聴者の需要があるか?」を指します。


毎日投稿しても、質が低い動画を投稿している限り再生回数は伸びません。


逆に質が高ければ、投稿本数が少なくても伸びるのがYouTube。

理由はYouTubeのアルゴリズムが「視聴者の需要」にコミットしているからです。


視聴者にとって需要がある動画は検索されやすいだけでなく、「おすすめ動画」「関連動画」としてたくさんの視聴者に拡散されるんですね。


なのでYouTubeで目指すべき=動画の質と言えます。


「じゃあ毎日投稿は意味がないの?」と言えば、必ずしもそうと言えません。

毎日投稿できるならやるべき


もし毎日投稿できるならやりましょう。

動画の本数が多ければ多いほど、そのぶんヒット動画が生まれる可能性が高くなるからです。


YouTubeでは予想だにしなかった動画が突然伸びるケースがあり。
例えばこれまで1000回再生くらいだった動画が、何万回、何十万回再生と爆伸びることも・・・


理由は先も書いたとおり、YouTubeによって「おすすめ動画」「関連動画」として視聴者に拡散されるから。投稿本数が多ければ、その確率も上がるというものですね。


特に初心者の場合、経験を積む意味もあります。


野球の素振りと同じで、量をこなして質を高めるのはYouTubeでも王道なんです。

おすすめの投稿頻度は?


以上をまとめると、動画の質が担保できるなら毎日投稿が理想と言えます。


つまりおすすめの投稿頻度は、あなたの動画の質が担保できる範囲の最大値ですね。

たとえば頑張って週2本の動画投稿ができるなら、週2本が理想の投稿頻度と言えます。


ただしここでひとつ注意点。

あまりに投稿頻度が少ないとあなたのチャンネルの存在を視聴者に忘れられ去られてしまう可能性があるので、週1本以上は投稿するようにしましょう。


ちなみにおすすめの投稿頻度についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にどうぞ。

まとめ


今回YouTubeの毎日投稿が伸びない理由と、理想の投稿頻度について解説しました。内容をもう一度おさらいしましょう。



・質が低い動画を投稿している限り、毎日投稿しても成果は見込めない

・ヒットの確率を狙う、スキルアップを目指すなら毎日投稿の意味あり

・おすすめの投稿頻度は、動画の質が担保できる最大値

・週1回以上は動画投稿しましょう


理想の投稿頻度がわかったら、次に再生回数を伸ばす方法もチェックしておきましょう。詳しくは以下の記事を参考にどうぞ。

-思考・行動
-, , , ,