思考・行動

YouTubeの動画投稿に飽きてしまったときの対処法とは?


日々の動画投稿に飽きてしまった・・・

毎日飽きずにYouTubeを続ける方法があったら知りたい。


動画投稿を続けていると、作業がワンパターン化して飽きてしまうことはありませんか?さらにモチベーションも落ちてしまうという。

僕も経験あるのでよくわかります。


そこで本記事では、YouTubeの動画投稿に飽きた時の対処法について解説。

この記事を読むことで、YouTubeの作業に継続的に向き合えるようになりますよ。


ちなみにこの記事を書いている僕はYouTube歴6年、コンサルタントとしてこれまで500名以上の指導経験があります。

YouTubeの動画投稿に飽きてしまったときの対処法


違うジャンルに挑戦してみる


いま動画投稿しているジャンルに飽きたら、いったん離れて違うジャンルに挑戦するのもありです。

投稿者の熱が入っていない動画は、視聴者にも伝わるもの。


新しく始めたジャンルのほうが自分に向いている可能性だってあるし、もし再生回数が伸び悩んでいたら、思い切って方向転換もアリですね。

でもチャンネルは放置して大丈夫なの?


安心してください。動画投稿を止めてもチャンネル内の動画はそのまま再生され続けますよ。


  • 違うジャンルに挑戦する時は、チャンネルを新設しましょう


YouTubeには1チャンネル1ジャンルの原則が当てはまります。

ジャンルを変えるときは、チャンネルも新設しましょう。

例えば、旅行系のジャンルだったら、そのチャンネルには旅行の動画だけ投稿するのが好ましいです。


ひとつのチャンネルにいろいろなジャンルの動画が混在すると、ファンがつきにくくなってしまうので。

チャンネルを新設する方法は簡単。以下の記事を参考にどうぞ。


投稿頻度を見直してみる


動画投稿に飽きたら、投稿頻度を見直してみるのもアリ。


ノルマをこなすのが目標になると、動画投稿も苦痛になってきますよね?


そういう場合、動画投稿を「量→質」に転換するのもあり。

例えば今まで週3回動画投稿していたら、それを週1回に変えてみるとか。


質に注力することで、動画の再生回数が伸びる可能性は十分ありますよ。

おすすめの投稿頻度については、以下の記事を参考にどうぞ。


ライバルの動画作りを真似してみる


動画を作るとき、いつものテンプレに沿って作るパターンが多いと思うんですが、思い切って「ライバルのやり方」を真似ることで、いろいろな発見・アイデアが生まれます。


これがきっかけで再生回数が伸びるのもよくある話。

ただし、相手の動画を真似るときは100%再現を目指しましょう。そのほうが成果が出やすいからです。(相手の動画の丸々コピーはNGです)


ちなみに他人の動画を真似する方法については、以下の記事を参考にどうぞ。

まとめ


今回YouTubeの動画投稿に飽きてしまったときの3つの対処法について書きました。

  • 違うジャンルに挑戦してみる
  • 投稿頻度を見直してみる
  • ライバルの動画作りを真似してみる


日々の作業にモチベーション高く向き合えば、必ず成果につながるはず。ぜひ参考にしてみてください。


動画投稿に飽きたときの対処法がわかったら、一緒に再生回数を伸ばす方法も見ていきましょう。

詳しくは以下の記事を参考にどうぞ。

-思考・行動
-, , , ,