思考・行動

【YouTube】気に入らない動画は削除すべきか?【基本は残す】


クオリティが低い動画を放置したくない。

YouTubeに投稿した動画は、ぜんぶ残したほうがいいの?


YouTubeを続けていると、過去に投稿した動画を削除したくなる時があります。


できればリニューアルして再投稿したい・・・なんて思うかも知れません。


本記事では、YouTubeで気に入らない動画は削除すべきか?について解説します。


ちなみにこの記事を書いている僕はYouTube歴6年、コンサルタントとしてこれまで600名以上のYouTubeの指導経験があります。

気に入らない動画は削除すべきか?


答え:基本は残しましょう


一度投稿した動画は、基本そのまま残して問題ありません。


YouTubeは何が当たるか分からないからです。


過去投稿した動画が、突然「関連動画」「おすすめ動画」にハマる可能性もあり。

世の中のトレンドにマッチしたとか、人気動画とネタが被ったとかのタイミングですね。


あとは単純な話、動画の数が多いほうがチャンネル全体の総再生回数が上がるので、残して損はないかと。


ただし例外はあります。以下のケースは、動画を残す「デメリット」のほうが大きいので、削除するか非公開扱いにしましょう。

  • 視聴維持率が他の動画と比べて極端に低い動画
  • BAD評価数が極端に多い動画
  • すでにYouTubeから非公開扱いになっている違反動画など


判断の基準としては、残すことによってあなたのチャンネルに悪影響を及ぼすか?ですね。

動画をリニューアルするのはアリ?


答え:アリです


すでに投稿した動画を、リニューアルして再投稿するのは全然アリです。

ただし、リニューアルすることによって動画のクオリティやネタも大幅にレベルアップしていることが条件。


動画を見た視聴者が、別の動画?と思うくらいのレベルですね。


ちなみにリニューアルのタイミングですが、オリジナルの投稿から半年以上は空けるのがおすすめです。


視聴者へのインパクトを狙うためにも、しばらく温めましょう。

動画のクオリティを上げるには実践あるのみ


もちろん動画のクオリティを上げるには、実践あるのみです。

最初は素人でも、トライ&エラーを繰り返すことで、だんだん良質な動画が作れるようになってきます。


ただし、動画を作る方向性だけは間違えないようにしましょう。


他のビジネスと同じで努力の方向性を間違えてしまうといくら労力をかけても成果につながらないからです。


ちなみに正しい方向性については僕のセミナーに参加すればすぐ理解できるので、短期間で成果を上げたい方はぜひ参加してみてください→セミナーはこちら

-思考・行動
-, , ,