思考・行動

【YouTube】初心者やりがち!キレイな動画が伸びづらい理由とは?


画質、アングルにこだわっているけど、なかなか動画が伸びない。

キレイに見せることに人一倍気を使っているのになぜ?


こんな悩みを抱えていませんか?


本記事では、YouTubeでキレイな動画が伸びづらい理由について解説します。


この記事を書いている僕はYouTube歴6年、かつコンサルタントとしてこれまで600人以上のYouTubeの指導実績があります。

YouTubeでキレイな動画が伸びづらい理由とは?


手段であって目的ではない


YouTubeで再生回数を伸ばす秘訣は「視聴者にとって需要のある動画を作る」これ以上でもこれ以下でもありません。

視聴者が面白い!と思えば極論、編集なしでも構わないわけです。


キレイは手段であって目的ではありません。ではどうすれば視聴聴者にとって需要のある動画が作れるのか?

視聴者のツボを考えましょう


まず視聴者のツボを考えましょう。ここでは視聴者が思わず動画を見続けたくなる「ツボ」を指します。


ではどうすれば視聴者のツボがわかるのか?

同じジャンルで再生回数が伸びている動画をいくつかピックアップしましょう。


ピックアップしたら、それぞれの動画が「伸びている理由」を自分なりに分析して、箇条書きで書き出してみてください。

例えばA動画は、サムネイルの〜が原因で伸びている!といった具合ですね。


これを繰り返すと、視聴者のツボがだんだんわかってくるはず。あとは自分の動画に応用すればOKです。

視聴者はたった1人にしぼる


ちなみに自分の動画を見てくれる視聴者は、たった1人にしぼるのがコツ。


YouTubeには似たような動画がたくさん投稿されているので、視聴者を1人にしぼりエッジを効かせたほうが伸びやすいんです。

でも視聴者をしぼったら、動画が伸び悩むんじゃない?


安心してください。エッジを効かせた結果、狙った視聴者以外にも刺さるので再生回数は伸びますよ。


  • 視聴者をしぼる方法


自分の動画を見てくれる視聴者を以下のように設定してみましょう。(いわゆるペルソナですね)

  • 年齢、仕事、家族構成、趣味
  • 休日の過ごし方
  • 普段どんなことに悩んでいるのか?
  • どんなことに喜びを感じるのか?


家族や友人など、近くにモデルになる人がいればその人に設定するのもアリです。過去の自分もOKですよ。


視聴者が決まったら、あとはそのひとりに向けてひたすら動画を作りましょう!

YouTubeは外見→中身の順番で強化しましょう


YouTubeでは最初は外見(サムネイル、タイトル)から、徐々に動画の中身を強化するのがGOODです。

いくら動画の中身が面白くても、サムネイル、タイトルが魅力的でなければクリックすらしてもらえないからです。


チャンネルがほとんど知られてない段階では、サムネイル、タイトルこそが視聴者と接点になるというのをお忘れなく!

-思考・行動
-, ,