知識

成果が上がるYouTubeのリサーチのやり方とは?


YouTubeのリサーチのやり方を知りたい方へ。

YouTubeのリサーチ方法がよくわからない。

成果が出るリサーチのやり方があれば知りたい。


突然ですが、動画投稿する前にちゃんと「リサーチ」していますか?


ライバルを知らずしてYouTubeの市場で勝ち抜く事はできません。

ろくにリサーチせず動画投稿するのは、 Amazonをチェックしないでネット通販を立ち上げるようなもの。


本記事では、成果が出るYouTubeのリサーチ法のやり方について解説。

この記事を読むと、正しいリサーチのやり方がわかるので、スムーズに動画作成ができるようになります。


ちなみにこの記事を書いている僕はYouTube歴6年、コンサルタントとしてこれまで600名以上のYouTubeの指導経験があります。

成果が上がるYouTubeのリサーチのやり方


ライバルのチャンネルをリサーチ


まず一番最初に、同じジャンルの「ライバルのチャンネル」をリサーチしましょう。いわゆる市場調査ですね。


やり方は簡単。YouTubeのフィルタで「チャンネル」を選択し、検索窓にキーワードを入力するだけ。


例えば、筋トレ系のジャンルをリサーチするなら、まず「筋トレ」と入力するのが良いでしょう。


ちなみにチャンネルのリサーチで見るポイントは2つ。

・ジャンルのトップ層の「チャンネル登録者数」「平均再生回数」
・ジャンルのトップ層の動画の「クオリティ」


つまり「そのジャンルで狙える最高点」と「動画のクオリティ」のバランスをチェックしていくわけですね。


例えば、トップ層のクオリティ見て「これくらいなら、自分も作れそうだな」とか感覚をつかんでいく。

あとはそこに近づけるように動画作成するだけ。


ただし注意点がひとつ。

あまりにもトップ層のチャンネル登録者が少ないジャンル(チャンネル登録者数が1万人未満)は避けたほうがいいでしょう。


ニッチすぎてそもそも視聴者が集まらない可能性があるからです。

もちろん一からジャンルを開拓するなら話は別ですよ。

ライバルの動画をリサーチ


次に「ライバルの動画」をリサーチしましょう。


やり方はチャンネルリサーチと同じ。フィルタで「動画」を選んでから「視聴回数順」に並べると、リサーチしやすいですよ。


ちなみに動画のリサーチでは、以下の2つのポイントをチェックしましょう。

「再生回数」
「サムネイル」「タイトル」「動画の中身」


箇条書きで構わないので、それぞれ動画が伸びているポイントを書き出すとGOODです。

実際に自分が動画を作るイメージを持ってリサーチすると良いですよ。

まとめ


今回成果が上がるYouTubeの2つのリサーチのやり方について解説しました。内容をもう一度おさらいしましょう。

・ライバルのチャンネルをリサーチ
・ライバルの動画をリサーチ


チャンネルと動画のリサーチが終わったら、いよいよ動画作成ですね。


ちなみにYouTubeではいきなりオリジナルで動画作成するより、他者の動画をモデリング(真似)したほうが成果が出やすいです。


特に初心者の場合、他者の成功要因を一つひとつ分析して動画に落とし込むのは難しいからです。


モデリングの詳しい方法については、以下の記事を参考にしてみてください。

-知識
-, , , ,