知識

YouTubeのSEO対策に最適!おすすめキーワードツール4選


せっかく作った動画がYouTube検索に出てこない

タイトル付けにおすすめのツールは?

SEO対策のツールがあったら知りたい


YouTubeで「検索キーワード」を意識するのはとても重要。

特にチャンネルが育っていないうちは、検索キーワードで視聴者があなたの動画を見つけられるからです。


本記事では、YouTubeのSEO対策におすすめのキーワードツールについて解説。

この記事を読むと、検索需要が高い動画が作れるようになります。


ちなみにこの記事を書いている僕はYouTube歴6年、コンサルタントとしてこれまで600名以上のYouTubeの指導経験があります。

YouTubeのSEO対策に最適!おすすめキーワードツール4選


YouTubeサジェスト機能(検索窓)


まず基本のYouTubeサジェスト機能(検索窓)から。


サッとキーワードをチェックしたい時は、YouTubeサジェストがオススメ。


キーワードを入れるだけで、すぐに需要の高いキーワードの候補が出てきます。


ただしYouTubeサジェストを使うときは、シークレットモードを使いましょう。


あなたの過去の検索履歴が、検索結果に反映されるのを防ぐためです。
手順は以下のとおり。


手順①「シークレットモード」を設定

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-75.png


手順②:YouTubeサジェストで検索


ちなみに下記のショートカットキーを使うと、すぐにシークレットモードに切り替えられます。

  • Windowsの場合→ [Ctrlキー]+[Shiftキー]+[Nキー]
  • macの場合→ [⌘キー]+[Shiftキー]+[Nキー]


ラッコキーワード


このブログで何度も登場しているラッコキーワード


ネットで検索需要が高いキーワードの組み合わせを拾ってくれる優れもの。


しかもYouTubeをはじめ、Google、bingなど、いろいろなサジェストに対応しているんです。(下記の画像ではYouTubeを選択)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-74-1024x678.png


Ubersuggest


優れもののラッコキーワードですが、唯一の弱点が「検索ボリューム」までチェックできないところ。


キーワードの月間ボリュームまで知りたいときは、Ubersuggestを併用しましょう。


ちなみにこのUbersuggestは、Google拡張機能版がおすすめ。


これを入れるだけで、Google検索上で簡単に検索ボリュームがチェックできます。


ちなみに無料版だと検索結果が拾えるのは上位20キーワードまでなんですが、人によっては十分かと。


あと、国旗のアイコンを「日本」に設定するのをお忘れなく!


Googleトレンド


Googleトレンドはその名のとおり、今の世の中のトレンドをチェックしたいときにオススメのツール。


キーワードのボリュームを通して、人々の興味関心がわかるので、上手く活用すればヒット動画につなげられます。


以下のように、キーワード同士の比較も簡単。

まとめ


今回YouTubeのSEO対策におすすめのキーワードツールを紹介しました。


検索需要を狙うのはもちろん大切なんですが、YouTubeではサムネイル、タイトル、動画の中身といった基本的なクオリティを上げるのも重要。


これらクオリティを上げる方法について知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

-知識
-, , ,