知識

YouTubeが伸びなくてつらいあなたへ【対策方法わかります】


動画を数十本以上投稿しているのに全然伸びない。

伸びなくてつらいから、やめてしまおうかな・・・


一生懸命に動画投稿し続けているのに、成果につながらないとめちゃくちゃつらいですよね?

はっきり原因が分かれば対策のしようもありますが、実はそこが一番難しかったりします。


本記事では、YouTubeが伸びていないあなたへ伸びない理由と対策方法を解説。

この記事を読むことで、今の状態を大きく改善させることが可能です。


ちなみにこの記事を書いている僕はYouTube歴6年、コンサルタントとしてこれまで600名以上のYouTubeの指導経験があります。

そもそもなぜ動画が伸びないのか?


答え:視聴者の需要とミスマッチを起こしています


YouTubeでは視聴者に需要のある動画を投稿すれば、遅かれ早かれ伸びるようにできています。

YouTubeは視聴者の需要に最大限コミットしているので、需要が高い動画は自然と視聴者に拡散されるようにできているんです。


つまり「伸びていない=視聴者の需要を満たしていない」と言えます。


まだ動画投稿が数本のうちは、動画が単純にYouTubeに発見されていないだけかもですが、二桁以上の投稿で伸びていないとなると視聴者の需要に合っていない可能性が大。


ではどうすれば視聴者の需要に合った動画が作れるのか?

YouTubeが伸びない時の対策方法


リサーチ&モデリング


まずは自分と同じジャンルで伸びているライバルのチャンネルをリサーチして、同じように動画を作ってみましょう。

いわゆるモデリング(真似)です。

「伸びている動画=需要がある動画」なので、そのまま真似できれば伸びるはず。


もちろん伸びている理由を分析するのも大事ですが、「習うより慣れろ」でまずやってみるのが重要だったりします。


ただしモデリングする時は「100%再現」を目標に動画作成しましょう。(ただし相手の動画の丸々コピーはNGです)


ここの再現レベルが甘い(オリジナルが強い)と、せっかく動画投稿しても伸び悩んでしまいます。


ではどうすれば上手にモデリングできるのか?

詳しい方法は以下の記事を参考にしてみてください。


キーワードツールを使う


再生回数が伸びないということは、動画のネタが視聴者の需要にマッチしていない可能性あり。


「視聴者の需要?ネタ?そんなのよく分からないよ」


そんなあなたにオススメなのがキーワードツール

ネットで検索されるキーワードには、人間のありとあらゆる悩み、疑問が凝縮されています。


キーワードツールを使えば、こうした悩み、疑問がすぐに抽出できるんです。


あとはこのキーワードをもとに動画を作れば、視聴者の需要に合った動画が出来るというわけ。


例えば、キーワードツールの検索窓の中に「筋トレ」「初心者」を入力すると、筋トレ初心者が悩んでいるあらゆるキーワードの組み合わせが出てくるので、これをネタにして動画を作るイメージですね。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-33-1024x737.png


  • キュレーションサイトも活用してみよう


ネットのキュレーションサイトには、今流行りのネタ、流行りそうなネタがたくさん掲載されています。


こうしたサイトから動画のネタを探すのもアリですね。(もちろん記事の丸々コピーはNGですよ)


以下に有名どころのキュレーションサイトを紹介します。

・グノシー
・All About(オールアバウト)
・Excite エキサイト

知っている人から直接教わる


結局これが一番手っ取り早いと思います。


僕も最初は詳しい人からYouTubeを教わりました。


実績を出している人から教われば必要なポイントをまとめて習得できるので、余計な遠回りをせずに済みます


ちなみに僕もYouTubeセミナーを開催しているので、短期間でYouTubeマスターになりたい人はぜひ参加してみてください。→セミナーはこちら

まとめ


今回YouTubeが伸びていないあなたへ伸びない理由と対策方法について解説しました。


そもそも動画が伸びないのは「視聴者の需要」とマッチしていないから。

対策方法としては、「リサーチ&モデリング」「キーワードツールを使う」「実績者から直接教わる」の3つでした。



あともうひとつ意識したいのが「濃い視聴者」を増やすこと。


あなたの動画を見てくれるリピーター(濃い視聴者)が多ければ多いほど、動画の伸びが加速するからです。


濃い視聴者を増やす方法については、以下の記事を参考にどうぞ。

-知識
-, , , ,