知識

YouTubeで他人からの動画コピーを防ぐ方法3選【パクリ防止】


自分の動画が勝手に他人にコピーされてしまった。

動画のコピーを防止する方法が知りたい。


こんな悩みを抱えていませんか?


本記事では、YouTubeで動画コピーを防ぐ3つの方法について解説します。


ちなみにこの記事を書いている僕はYouTube歴6年、これまで600名以上のYouTubeの指導経験があります。

動画がコピーされるとこうなる


チャンネルが成長して多くの目に止まるようになると、突然何者かによって動画が無断でコピーされ、投稿されてしまうケースがあります。


僕もこれまで何度も悔しい思いをしました。


ちなみにこうした「パクり」を受けると、単に再生回数が奪われるだけじゃありません。


YouTubeが本家本元の動画を「コピー」と勘違いしてしまい、ペナルティーを与えることさえあるんです。


ではどうすればこうした悪質な行為を防げるのか?

YouTubeで他人からの動画コピーを防ぐ方法


結論、オリジナル要素が多く含まれている動画はコピーされにくく、逆に引用系(画像や音声を他から引用して作った動画)はコピーされやすいです。

それではコピーを防ぐ3つの方法を見ていきましょう。


  • 顔を出す


動画内で顔出しすると、コピーされる可能性をかなり減らせます。


コピーする側としては、顔を出している本人に動画で公表されたりYouTubeに通報されると、厄介だとわかっているんでしょう。顔出しは最強のオリジナルですね。


  •  日本語の肉声を入れる


他人の動画をコピーする人物は、海外の投稿者が圧倒的に多いです。


動画に日本語の音声を吹き込むと内容が理解されにくいので、必然的にコピーの対象から外れやすくなります。


  •  チャンネルロゴを入れる


動画のオープニングや本編に、自分のチャンネルのロゴを表示させておくと、それだけでコピー防止になりますよ。

まとめ


今回他人からの動画コピーを防ぐ3つの方法について解説しました。

コピーを防ぐためには、動画にオリジナル要素を入れるのが大切という話でしたね。

  • 顔を出す
  • 日本語の肉声を入れる
  • チャンネルロゴを入れる


他人からの動画コピーを防ぐ方法がわかったら、次にYouTubeで身バレを防止する方法もチェックしておきましょう。

詳しくは以下の記事を参考にどうぞ。

-知識
-,