テクニック

YouTubeに動画投稿するネタの探し方


YouTubeに投稿する動画のネタが無い・・・

動画のネタを探す良い方法はあるの?


動画投稿を続けていると、途中で動画のネタが切れてしまうことがあります。

もしあふれんばかりの水が湧き出るようにネタが手に入ったら、ラクに投稿できますよね?


本記事では、YouTubeの動画のネタの探し方について解説。

この記事を読むと、動画のネタに困らなくなるのでチャンネル全体の再生回数アップが期待できます。


ちなみにこの記事を書いている僕はYouTube歴6年、これまで600名以上のYouTubeの指導経験があります。

YouTubeに動画投稿するネタの探し方


動画のネタを探す方法は、「ライバルから探す」「YouTubeの外から探す」の2つです。それぞれ順番に見ていきましょう。

① ライバルから探す


  • ライバル動画の「説明欄」をチェック


ライバルの動画の「説明欄」をチェックすると、「記事の引用元」を明記している場合があります。


フリー音源、フリー画像のサイトを記しているパターンもあり。


それらをネット検索すれば、そのまま動画のネタ元のサイトが確認できるという具合ですね。


  • ライバル動画の「タイトル」をチェック


ライバル動画の「タイトル」も見逃せないポイント。


投稿者がタイトルをオリジナルではなく、別サイトの記事をほとんどそのまま引用しているケースもあるからです。


そういうタイトルをネット検索すれば、これまたネタ元のサイトが出てくるという次第ですね。


  • ライバル動画を「画像検索」する


ライバルが動画で使っている画像を別サイトから引用している場合もあり。


こういう場合、画像をスクリーンショットしてGoogle画像検索をかけると、そのまま引用元のサイトが出てくることがありますよ。


② YouTubeの外からネタを探す


次にYouTubeの外から動画のネタを探す方法です。

  • キュレーションサイトから探す

キュレーションサイトには、今流行りのもの、面白そうなネタが連日更新されています。


こうしたサイトから動画に使える記事をピックアップするのも手ですね。


ちなみに有名どころのキュレーションサイトは以下のとおりです。

・グノシー
・All About(オールアバウト)
・Excite エキサイト



  • 本、雑誌からヒントを得る

本、雑誌からネタが得られることもあります。


自分のジャンルとは関係ないジャンルから、思わぬ発見ができたりするのでおすすめ。


ちなみに本・雑誌は消費者の目を引くために、ありとあらゆる工夫を凝らしているので、動画のサムネイル、タイトルの良いお手本になりますよ。

動画のネタを扱うときに注意すること


  • 説明欄に引用元を明記しましょう

他のサイトから記事を引用する場合、説明欄に引用元を明記しましょう。


もちろん動画を作る際、記事の丸々コピーはNGです。


また他サイトの画像を扱う場合、著作権の問題が発生する可能があるので基本フリー画像を使いましょう。


おすすめのフリー素材について知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。


まとめ


今回YouTubeに投稿する動画のネタの探し方について解説しました。
内容をもう一度おさらいしましょう。

・ライバルから探す
→動画の説明欄、タイトル、画像検索からチェック


YouTubeの外からネタを探す
→キュレーションサイト、本や雑誌からヒントを得る


ネタの探し方がわかったら、ネタ切れした場合の対処法もチェックしておきましょう。詳しくは以下の記事を参考にどうぞ。

-テクニック
-,