知識

YouTubeのチャンネル登録者数を非表示にする方法【メリットも分かります】


YouTubeのチャンネル登録者を非表示にする方法、メリットが知りたい方へ。

YouTubeのチャンネル登録者を非表示にする方法は?

チャンネル登録者を非表示にするメリットって何?


本記事を読むと、YouTubeのチャンネル登録者数を非表示する方法とそのメリットが理解できます。


ちなみにこの記事を書いている僕はYouTube歴6年、コンサルタントとしてこれまで600人以上のYouTubeの指導経験があります。

チャンネル登録者数を非表示にする方法


結論、簡単3ステップでできます。


①「YouTube studio」の画面左のメニューで「設定」をクリック。

「チャンネル」「詳細設定」を選んで、画面をちょっと下にスクロール。

「チャンネル登録者数を表示する」のチェックマーク☑️を外して保存。


チャンネル登録者数が非表示になりました。


チャンネル登録者数を非表示にするメリット


チャンネル登録者が少ない状態を隠せる


YouTubeで成果が出ていない段階では、チャンネル登録者も少ないもの。


一方、視聴者の中には「チャンネル登録者が少ない=人気がない」ととらえる人もいます。


つまり「人気がないからチャンネル登録するのを止めておこう」と考える視聴者もでてくるわけですね。


こういう状態を防ぎたいなら、思い切ってチャンネル登録者数を非表示にするのもアリです。

妬み(ねたみ)を買うリスクを避けたい


チャンネル登録者数が多いチャンネルは、外から見てもそれなりの収益を得ていることがわかります。

ところが視聴者やライバルの中には、成功しているチャンネルを快く思わない人もいます。


こうした妬みから、誹謗中傷のコメントを書き込んだりする人もいるんですね。


こういうリスクを避けたい場合、チャンネル登録者数を非表示にするのも手です。

実は稼げるジャンル(手法)だということがバレたくない


YouTubeのチャンネルの中には、人にあまり知られていないけど実は稼げるジャンルも存在します。

もしこういうジャンルのチャンネルを運営していたら、真似されたくないですよね?


チャンネル登録者数を非表示にするとライバルに発見されにくくなるので、競争相手が増えてしまい収益が減るリスクも減らせます。

結局チャンネル登録者数は非表示にすべき?


結論、どちらでも構いません。


投稿者によって置かれている状況は異なるし、表示・非表示によってそこまで大きな変化も考えにくいからです。


気になる方は一回試してみて、あとで戻すのも全然アリですよ。

-知識
-