テクニック

他人のYouTubeチャンネルのデータを簡単に見破る方法3選


ライバルのYouTubeチャンネルを分析したいけど、やり方がよく分からない。

ライバルのチャンネルデータを読み解く方法があったら知りたい。


自分のチャンネルは、アナリティクスデータを見れば一発ですが、他人の場合そうもいきません。

それでも他人のチャンネルのデータを読み解く方法はあるんです。


本記事では、他人のYouTubeチャンネルのデータを簡単に見破る方法について解説。

この記事を読むと、ライバルチャンネルのデータを簡単に見破れるようになるので、成果までの道のりが早まります。


この記事を書いている僕はYouTube歴6年、コンサルタントとして600名以上のYouTubeの指導経験があります。

他人のYouTubeチャンネルのデータを簡単に見破る方法3選


① チャンネルパワーを見る


「チャンネル登録者」「再生回数」を見ても、チャンネルの本当の実力値はわかりませんが、実は「チャンネルパワー」を見ると一目瞭然なんです。


結論、チャンネルパワーは以下の方法で計算できます。


『チャンネルの総再生回数÷チャンネル登録者数』


例えば、A・Bのチャンネルがあったとします。

【Aチャンネル】総再生回数:10,000回、チャンネル登録者数:100人
【Bチャンネル】総再生回数:10,000回、チャンネル登録者数:50人


ではどちらのチャンネルパワーが強いのか?先ほどの計算式に当てはめると、

【Aチャンネル】10,000回÷100人=100
【Bチャンネル】10,000回÷50人=200


Aの値が100、Bの値が200なので、Bチャンネルのほうが強いことがわかります。


総再生回数は同じですが、登録者1人あたりの再生回数が多い分、Bのほうが濃いファンを抱えているからですね


  • チャンネルの総再生回数、チャンネル登録者数の見方


ちなみに総再生回数・登録者数は、チャンネルの「概要」を見ればすぐにわかります。(チャンネル登録者が非公表の場合は除く)


繰り返しますが、YouTubeで成果を出し続けるには、あなたのチャンネルを支持してくれる濃いファンを抱えるのが何より重要。


濃いファンを増やす詳しい方法については、以下の記事を参考にどうぞ!


②ターニングポイントを見る


次にチャンネルの「ターニングポイント」を見る方法です。


チャンネル内の動画を時系列に見ていくと、どこかのタイミングで急に再生回数が上がるポイントを発見できたりします。


実はこのターニングポイントこそが、多くの視聴者がファン化したタイミングなんですね。


ターニングポイントは、以下の方法でチェックしましょう。

・チャンネルの動画を「新しい順(もしくは古い順)」に並べ替える
      ↓
・その中で「再生回数が急に伸びた動画」と「直前の動画」を比較


ここで起こった変化=視聴者の本物の需要である可能性が高いです。

これを上手く自分の動画に横展開できると、伸びる動画が作れるようになりますよ。

③ ハッシュタグ、タグ、タイトルを見る


伸びているチャンネルの「ハッシュタグ、タグ、タイトル」には、視聴者にとって需要のあるキーワードが散りばめられているケースが多いです。


これらのキーワードを自分の動画に取り入れると、YouTube検索やGoogle検索から視聴者を呼び込めるだけではなく、その相手の動画と関連動画表示を狙うことも可能なんですね。


タグの見方、詳しい設定方法について知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

まとめ


今回他人のYouTubeチャンネルのデータを簡単に見破る方法について解説しました。内容をもう一度おさらいしましょう。

① チャンネルパワーを見る
②ターニングポイントを見る
③ ハッシュタグ、タグ、タイトルを見る


他人のチャンネルのデータを見破る方法がわかったら、一緒に他人の動画と関連動画を長続きさせる方法もチェックしておきましょう。

詳しくは以下の記事を参考にどうぞ。

-テクニック
-,