知識

YouTubeで得られる収益の目安とは?【チャンネル登録者、再生回数別】


YouTubeってチャンネル登録者数によってどれくらい稼げるの?

再生回数によって、どれくらいの収益が得られるのか知りたい。


YouTubeを実践しているとき、気になるのが毎月の収益。

どれくらいの実績を出せばどれだけ稼げるのか、気になるところですよね?


本記事では、YouTubeの収益の目安について解説。

この記事を読むと、YouTubeで稼げる金額の目安がわかります。


ちなみにこの記事を書いている僕はYouTube歴6年、コンサルタントとしてこれまで600名以上のYouTubeの指導経験があります。

YouTubeで得られる収益の目安は?


チャンネル登録者数の目安


チャンネル登録者数から逆算した場合の収益の目安は、「チャンネル登録者数×10円」です。


登録者数1万人月10万円登録者数10万人=月100万円が目安といったところですね。


チャンネル登録者数2万人を突破すれば、毎月の生活費くらいは稼げるレベルです。

ただしこれは、本当にざっくりとした数字です。


これより多くもらっている人もいれば、逆に少ない人もいるので、あくまで目安として考えましょう。

  • 広告収入を得るには条件あり


すでにご存知かもしれませんが、YouTubeで広告収入を得る(収益化)には一定の条件が必要です。

  • チャンネルの総再生時間:4,000時間(直近1年間)
  • チャンネル登録者数:1,000人以上
  • 18歳以上であること
  • YouTubeの規約を守っていること


まず上記の条件をクリアし、それからYouTubeの審査に合格する必要あり。


なおYouTubeの審査に合格するには、YouTubeのコミュニティガイドラインに沿った動画投稿が必須なので、まだ目を通していない方は必ずチェックしておきましょう。


ちなみに収益化できない動画の特徴について知りたい方は、以下の記事もあわせてチェックしてみてください。


再生回数の目安


次に再生回数での目安です。YouTubeの広告単価は1再生あたり、0.05円〜0.5円くらいと言われています。


なので再生回数で逆算した場合の収益の目安も「再生回数×0.05円〜0.5円」ですね。


1万回再生=500円〜5,000円10万回再生=5,000円〜50,000円稼げる目安です。


なぜここまで単価に幅があるのか?

  • 広告単価は個人によっても、ジャンルによっても異なる

ズバリ、YouTubeの広告単価が個人、ジャンルによって異なるからです。

ちなみに個人では、有名YouTuberほど高い広告単価がつく傾向あります。


ジャンルでは、エンタメ系は高単価がつきにくく、逆にYouTubeが推している教育系・学習系ジャンルには高い広告単価がつきやすい傾向があり。


もし今ジャンル選びに迷っているなら、これらのジャンルを狙うのもアリですね。

広告収入以外で稼ぐ方法


YouTubeでは広告収入以外にもお金を稼ぐ方法があります。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

オリジナルコンテンツの販売


YouTubeを通して自分の商品やサービスを販売(紹介)する方法です。

やり方は簡単。

動画の下の「説明欄」にホームページやSNSのリンク(URL)を貼って、視聴者を誘導するだけ。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-126.png


スーパーチャット(投げ銭)


YouTubeライブを配信して視聴者からお金をもらう方法。いわゆる投げ銭ですね。

ちなみに視聴者はコメントと一緒に、100円〜50,000円までの投げ銭を投げられます。

この投げ銭だけで年間1億円以上稼いでいるYouTuberもいます。スゴイ!


ただし投げ銭を受け取るには、チャンネル登録者1000人以上で収益化が完了しているのが条件。(収益化が完了していなくてもライブ配信はできます)


あと視聴者からの投げ銭全額が手元に入るワケではなく、YouTubeから手数料で約30%が引かれるので注意しましょう。

チャンネルメンバーシップ


チャンネルメンバーシップは、流行りのオンラインサロンみたいなもの。


月額の会員費を支払ったメンバーに向けて、投稿者がメンバー限定動画やコメントを配信できます。

手軽に会員制のビジネスが始められるのが、大きなメリットですね。


ただしメンバーシップを立ち上げるには、投げ銭と同じくチャンネル登録者1000人以上、チャネルの収益化完了が条件となります。


あと月額の会員費も全額受け取れるわけではなく、約30%がYouTubeの手数料で引かれるのでご注意を。

まとめ


今回YouTubeの収益の目安について書きました。
内容をもう一度おさらいしましょう。

  • チャンネル登録者数による収益の目安は「チャンネル登録者数×10円」
  • 再生回数による収益の目安は「再生回数×0.05円〜0.5円」
  • 広告収入以外にも、オリジナルコンテンツの販売、スーパーチャット(投げ銭)、チャンネルメンバーシップで収益が得られる。


収益化の目安が理解できたら、あわせてYouTubeで収益化(チャンネル登録者1000人)が難しい理由も確認しておきましょう。


詳しくは以下の記事を参考にどうぞ。

-知識
-, , , ,