知識

【YouTube】ジャンルによってチャンネルは分けたほうがいい?


YouTubeで発信したいネタがたくさんあるけど、チャンネルは1本にしぼるべき?

ジャンルによって、チャンネルは分けたほうがいいの?


動画投稿したいジャンルが複数あるとき、チャンネルは1本にしぼるべきか分けたほうがいいのか、迷ってしまうことはありませんか?


結論、分けることをオススメします。そのほうがチャンネル(再生回数)が伸びやすいからです。


本記事では、チャンネルを分けたほうがいい理由と注意点、増やし方について解説。

この記事を読めば、あなたがどのように複数のチャンネルを運営すればいいのか?判断できるようになります。


ちなみにこの記事を書いている僕はYouTube歴6年、コンサルタントとしてこれまで600名以上のYouTubeの指導経験があります。

ジャンルによってチャンネルは分けたほうがいい?


  • 答え:分けましょう


投稿したい動画のジャンルが複数あるとき、チャンネルは基本分けましょう。


「チャンネルを専門化させたほうが視聴者がつきやすい=再生回数が伸びやすい」からです。


例えばあなたが旅行好きで、旅行系のチャンネルを探しているとします。


そんなとき次の2つのチャンネルがあったら、どちらのチャンネルをリピートしたいですか?

  • 『旅行の動画』をひたすら投稿しているチャンネル
  • 『旅行、ゲーム実況、筋トレの動画』が混在しているチャンネル


おそらく前者ですよね?専門化しているチャンネルのほうが情報の質が高そうだし、親近感も湧きます。


このようにYouTubeは1チャンネル1ジャンルの原則がはたらくんです。

  • ただし例外もあり


ただし、1チャンネル1ジャンルの原則にも例外もあります。
それはチャンネルというより、投稿者にファンが付いてる場合ですね。


有名YouTuberを思い浮かべてみると分かりやすいですが、どういうジャンルの動画を出そうとファンは喜んで見てくれます。


この場合、面白い企画さえ持ってくればジャンル関係なく動画は伸びるので、特にジャンルを分ける必要はないですね。

チャンネルを分けるときの注意点


  • 個人でやる場合は2チャンネルまで


投稿したいジャンルが複数あるからといって、チャンネルを増やしまくるのはNGです。

やみくもにチャンネルを分けると、1チャンネルあたりのチャンネルの投稿頻度が減り、再生回数が伸びづらくなるからです。


例えば、あなたが月10本の動画投稿ができるキャパシティがあったとします。


1チャンネルを運営すれば10本の動画を投稿できますが、3チャンネルで運営すると、チャンネルあたり月2〜3本の投稿にとどまります。


もちろん動画の量がすべてじゃないですが、特にチャンネルが成長していないうちは、あまりに投稿頻度が少ないと視聴者に忘れ去れてしまうリスクもあります。


視聴者との接点をキープするためにも、個人で運営するなら2チャンネルまでが限度ですね。


ちなみに動画の投稿頻度について詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にどうぞ。

チャンネルの増やし方


では実際どうやってチャンネルを増やせば(分ければ)いいのか?
簡単3ステップでできます。


ちなみに、チャンネルではなくアカウントを複数増やせばいいんじゃない?という意見もありますが、個人的にはこの考えに反対です。単純にアカウントの切り替え作業が面倒だからですね。


チャンネルを増やす詳しいやり方については、以下の記事が参考になります。

まとめ


今回ジャンルによってチャンネルは分けたほうがいい?について解説しました。


YouTubeでは投稿する動画のジャンルが違う場合、チャンネルを分けるのが基本。

ただし個人でやる場合キャパの問題もあるので、とくにチャンネルが成長していないうちは2チャンネルが限度
という話でした。


チャンネルの配分が決まったら、次はチャンネルのリサーチをしましょう。


リサーチせずにYouTubeに動画投稿するのは、アマゾンをリサーチせずネット通販を立ち上げるようなもの。


リサーチの詳しいやり方については、以下の記事を参考にどうぞ。

-知識
-, , ,