知識

【YouTube】一度投稿した動画は差し替えられる?


一度YouTubeに投稿した動画は差し替えられるの?

できれば内容を修正したいんだけど。


一度投稿した動画を、あとで間違いに気づいて差し替えしたくなることはありませんか?


そこで本記事では、YouTubeに投稿した動画を差し替えて修正する3つの方法について解説します。


ちなみにこの記事を書いている僕はYouTube歴6年、コンサルタントとしてこれまで600名以上のYouTubeの指導経験があります。

動画のURLを変更せず差し替えられる?


答え:差し替えられません


残念ながら一度投稿した動画は、URLを変更せずに差し替えられません。


できれば視聴者に気づかれることなく、サッと差し替えたいところですが・・・


一方、別の対策として以下の3つあるので、それぞれ見ていきましょう。

  • 動画を削除して投稿し直す
  • YouTube上で修正を加える
  • 説明欄を使って視聴者に告知する


YouTubeに投稿した動画を差し替え・修正する方法


①動画を削除して投稿し直す


動画の内容に大きな間違いがある、まだあまり再生されていない場合は「一度削除→再投稿」が手っ取り早いですね。具体的には以下のようなケースです。

  • 動画の中身に大きな間違いがある
  • 動画の中身を変えたほうが、再生回数が見込める
  • 投稿してからあまり時間が経っていない
  • あまり再生が伸びていない


②YouTube上で修正を加える


動画投稿したあとも「ぼかし」「カット」は入れられます。

YouTubeの機能「動画加工エディタ」を使いましょう。


  • 「ぼかし」「カット」の入れ方


まずYouTube Studioの「コンテンツ」から対象の動画を選びます。

ぼかしの場合、「エディタ」をクリックして、上から3番目の「+」をクリックします。(カットは上から4番目の「+」をクリック)


「ぼかしの形・ぼかしの動作」を選んで、調整すると完了です。


③説明欄を使って視聴者に告知する


説明欄で訂正を告知する方法。これが最もお手軽ですね。


動画の説明欄の目立つところに「〇〇が間違っているので、修正させてください」という風に、視聴者に告知しましょう。


ただし先ほども言ったように大きな間違い(炎上に発展しそうなレベル)や再生回数に大きく影響しそうな場合は、削除して再投稿がオススメです。

まとめ


今回YouTubeに投稿した動画を差し替え・修正する方法について解説しました。

  • 動画を削除して新規投稿し直す
  • YouTube上で修正を加える
  • 説明欄を使って視聴者に告知する


大前提として、URLを変えずに動画の差替えは不可能なので、内容を十分チェックしてから動画投稿しましょう。

ちなみに以下の記事が気になる方は、あわせてチェックしてみてください。

-知識
-, , , ,